社内SE求人ガイド

社内SEとは

社内SEは勤務する企業内の情報システムを取扱うITエンジニアのことで、様々なビジネスシーンで情報システムが必要不可欠なこの時代、社内SEのニーズは業界業種を問わず多くの企業において増えており、その重要性・存在意義が高まっています。現代のビジネススタイルを見てみれば分かるように、昨今の仕事はメールによるコミュニケーションをはじめ、ネットワークを介した業務フローの一元化、企業間における電子商取引B to B、企業と一般消費者との取引に展開したB to C、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用抜きに仕事を進めにくい時代となっています。パソコンのデータが飛んだ…、サーバーがダウンした…、ネットワークに接続できない…、などIT環境の不具合で仕事を中断せざるをえない状況や業務が中断してしまった経験を持つ人も多いはずです。

そこで現代のビジネスツールである情報システムを支えサポートしているのが社内SEの存在です。昨今は今まで外部に委託することの多かった社内情報システムの管理・開発・運用・保守などを内製化しようとする動きの高まりから、IT領域に特化した専任の人材である社内SEを企業が採用するかたちが主流となりつつあります。社内SEは社会的ニーズが高いだけでなく、IT業界内でも「自分の作成したシステム評価を直接感じることができる」「パソコンひとつでものを作り上げていく創造性の面白さがある」などクリエイティブなチャレンジ面があることに加え、組織の一員として就労環境が比較的安定しているという点で人気のポジション、キャリアチェンジの選択肢として注目が集まっています。

社内SEの仕事は勤務する企業の業界分野、求められる社内SEとしての役割、人材スペックなどによって様々な仕事を担います。情報システムの開発をはじめ、システムアナリスト、ヘルプデスク、ネットワーク・インフラ担当、システム企画、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなど様々です。概して一般的なSEと異なり、情報システムの開発を黙々と行うというよりは業界や業務知識をベースに必要なシステムの構築をリードしていく役割が強いと言えそうです。そのため社内SEにはITの専門的スキルはもちろん、コミュニケーション力、チームワーク力、マネジメント力、など人間資質的なスキルを求められます。そして企業に働く一員としてビジネスマインドを忘れてはならないのも社内SEの大きな特徴でしょう。

[推奨サイト]広告転職.net【※広告業界で転職に失敗しないために】


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.