社内SE求人ガイド

社内SEと年齢

一般的に仕事には年齢による属性やポジション的な考え方があり、20代半ばまでをメンバークラス、20代後半〜30代前半までをリーダークラス、30代後半以降をマネージャークラスと位置付けられているようです。必ずしも一概ではないものの、社内SEのキャリアステップとしてもこうした年齢にそったポジショニングがあり、そのステップに応じて求められる技術力や人間的なスキルがあります。

 例えばメンバークラスにある社内SEには、技術的な力をシステムの開発や運用に落とし込む現場業務を任される頻度が高くなるため、広く浅くベースとなる技術面でのスキルを習得していることが必要になります。具体的には、ネットワーク・サーバーの構築、データベース、システム運用やサポート、WEB、オープン系の技術、汎用系など技術と経験実績が問われます。人的資質としては、受身ではなく自発的な行動力、向上心、探究心などが大切です。またチームで協力することが重要な業務のため、周囲との協調性や環境への柔軟性も重視されます。若手ゆえにビジネスセンスを求められることはあまりありませんが、コミュニケーション力は必須です。  リーダークラスにおいてはある程度業界での経験を積んでいるため、業務知識と技術力の両方を求められます。システム開発やシステムの運用経験はもちろん、特定の技術的強みを持っていると優位です。新人や後輩も加わってくるため若手をリードする力、作業や業務に一挙集中するというよりは若干引いた目線で現場や周囲の声に耳を傾け、改善的な見方ができることが問われます。この年代に開発のチームリーダーを経験し、特定の業務知識に精通していると市場価値は高まります。  マネージャークラスは組織の運営やマネジメント力を期待されるポジションです。情報システム開発の上流から下流までを一貫して経験してきた実績、マネージャーとして企業側に立った全体最適を考えた判断力、各部門とのネットワーク、ビジネスマインドを持った才覚や行動が求められます。

 ITエンジニアの視点から見れば社内SEは完全な技術職ではありますが、高いハード面でのスキルと同時にビジネスマインド、コミュニケーション力、チームワーク力、マネジメント力などソフトなヒューマンスキルも必要とします。全ての能力は積み上げた時間量(=年齢)に比例するところが大きく、年齢に応じたキャリアパスを意識しておくことが重要です。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.