社内SE求人ガイド

社内SEに求められるもの

近年で人気のある職種として注目されているのが、社内SEという職種ではないでしょうか。通常のSEから社内SEへと転職を考えている方も多いと思います。社内SEへの転職活動をする前に、失敗しないように社内SEに求められるものというのを、覚えておきましょう。

システムの企画から開発。さらには運用まで、一貫して関わることができる。よりよいシステムを考え、それを発注側として関わっていきたい。こんな思いを抱いて転職を目指す方も多いことでしょう。しかし企業の規模や、その職種によっては、こんな希望を叶えられない場合もあるのです。

一般的に社内SEは、各企業の情報システムを担当している部署に所属し、社内システムに関わるスペシャリストとしての役割を求められます。ITエンジニアの中では、非常に人気のある職業でもあります。その一方で実際の募集案件というものは、数が限られているというのが現状。つまりは需要に対しての供給量が多く、転職の難易度としては、ちょっと高めであるという現状にあるのです。

覚えていて欲しいことは、社内SEの求人案件というものは、景気によって左右されないということなんです。一般的なITエンジニアの場合には、企業のシステム投資にかける金額が不景気であれば当然に少なくなるため、必要人員が少なくて済むということになるわけです。景気がよければ、より業績をあげるためにシステムを見直し、良い方向へと再構築しようとシステム投資をすることになるので、必要人員が増加するわけです。しかしながら、社内SEの場合には、その求人のほとんどが欠員募集であることが多いために、景気や不景気には関係ないのですよ。

こういった転職事情がある社内SEですが、基本的に求められていることは、企業内のITシステムに関わるすべてのことと考えておきましょう。プログラムを組むだとか、一定の仕事しかやらなくていいなんて勝手な思い込みは後悔の元です。時にはこれってSEの仕事なのかと疑問に抱く仕事を任されることもあるでしょうが、前提としてITシステムの全てというニュアンスを持っていれば、こういったミスマッチは起きようがないのです。

社内システムの企画はもちろんのこと、それらの開発や保守、そして実際に運用をしていくこと。これは基本中の基本になります。その他にも各事業部の技術者や、利用部門へのコンサルティング業務。さらにはさまざまなアドバイスなども、社内SEの大切な仕事になってきますし、実際に求められるものなのです。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.