社内SE求人ガイド

社内SEの資格

社内SEは勤務する企業内の情報システムを取扱うITエンジニアのことで、今まで外部に委託することの多かった社内のシステム管理・開発・運用・保守などを内製化しようとする動きの高まりから、社内SEのニーズは業界業種を問わず多くの企業において増えています。現代のビジネススタイルを見てもメールによるコミュニケーションをはじめ、ネットワークを介した業務フローの一元化、企業間における電子商取引B to B、企業と一般消費者との取引に展開したB to C、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用抜きに業務が進みにくくなった昨今、その重要性・存在意義を増しているのが社内SEという職種です。

 そんな現代ビジネスに不可欠な存在である社内SEではありますが、社内SEになるための特別な資格はありません。企業に採用されれば新卒や未経験者でも社内SEになることができます。しかしながら仕事を進めていく上で取得しておいた方が役立つ資格、就・転職の際に採用に有利に働く資格はいくつかあります。 例えば情報処理に必要な知識や技能が問われる「情報処理技術者」、高度IT人材として情報システムの企画・開発・運用・保守などの能力を認定する「ネットワークスペシャリスト」、システム化全体の計画・策定・プロジェクト支援・結果を評価する「システムアナリスト」、情報システムが経営に貢献しているか幅広い側面から調査・評価し改善勧告を行う「システム監査技術者」、情報システムのセキュリティーポリシーの策定・実施・分析・見直しを行う「情報セキュリティスペシャリスト」などはスキルアップや技術力のエビデンスとして取得するのも良いでしょう。

 また外資系や金融系の社内SEを目指す場合には英語力があった方が優位に働くことが多く、30代以降はチームのリーダーやプロジェクトのイニシアティブを取る立場としてマネジメント力も要すため、業界によって求められるスキルや年齢とともに身に付けておくべき能力が異なってくると言えるでしょう。  さらに社内SEは情報システムに関する専門知識や高いスキルを求められると同時に、企業に働く一員として社内の多くの人や年齢層と関わる高いコミュニケーション力、環境に溶け込むことのできる協調性や柔軟性、企業に働く一員としての主体的なビジネスマインドや自己成長意欲、長時間に及ぶ緻密な作業に対峙する忍耐力なども大切です社内SEは何かの資格を保有しているから務まるポジションというわけではなく、ソフト・ハードとも多方面にわたる多彩能力を必要とする職種と言えます。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.