社内SE求人ガイド

社内SEの資格

現代のビジネススタイルを見れば分かるように、昨今の業務はメールによるコミュニケーションをはじめ、ネットワークを介した業務フローの一元化、企業間における電子商取引B to B、企業と一般消費者との取引に展開したB to C、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用抜きに仕事を進めにくい時代です。パソコンのデータが飛んだ…サーバーがダウンした…、ネットワークに接続できない…などIT環境の不具合で仕事を中断せざるをえない状況や業務が中断してしまった経験を持つ人も多いはずです。そこで現代のビジネスツールとなっている情報システムを支えサポートしているのが社内SEの存在です。

社内SEは勤務する企業内の情報システムを取扱うITエンジニアのことで、情報システムが必要不可欠なこの時代、社内SEのニーズは業界業種を問わず多くの企業において増えておりその重要性・存在意義が高まっています。また昨今は今まで外部に委託することの多かった社内のシステム管理・開発・運用・保守などを内製化しようとする動きの高まりから、IT領域に特化した専任の人材である社内SEを採用する企業が主流となりつつあります。

そんな社内SEに求められるスキルは、社内の情報システムを開発・運用・保守・管理していくITの専門的スキルはもちろん人間資質的なスキルを求められます。具体的には企業に働く一員として社内の多くの人や幅広い年齢層と関わるための高いコミュニケーション力、チームや協力体制で仕事を進めることが多いため環境に溶け込むことのできる協調性や柔軟性、企業に働く一員としての主体的な行動やビジネスマインド、自己成長意欲、長時間に及ぶ緻密な作業に対峙する忍耐力といった能力です。また外資系や金融系の社内SEを目指す場合には英語力があった方が優位に働くことが多く、30代以降はプロジェクトチームのリーダーやイニシアティブを取る立場としてマネジメントスキルも必要になるでしょう。業界によって求められるスキル、年齢とともに身に付けておくべきスキルが異なると言えるでしょう。

 社内SEになるための特定の資格はありませんが、「情報処理技術者」「ネットワークスペシャリスト」「システムアナリスト」「システム監査技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」などは情報システムを扱うスキルアップや習得したスキルのエビデンスとしてチャレンジするのも良いでしょう。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.