社内SE求人ガイド

社内SEの悩み

Slerから社内SEなどへの転職を考えているエンジニアさんは、近年増加していますよね。しかしながら、想像していたものと違うとか、充実度が思ったほどじゃないというようなことを思って、後悔しているという話もトラホラと聞こえてきます。社内SEの世界だけの話ではありませんが、転職を考えた際には、メリットはもちろんのこと、デメリットや、その職種独特の悩みなんてものをリサーチしておくことをオススメします。

社内SEの人間の多くが抱えている悩みの中で最も多いものは、テクニカル的なスキルアップがあまり望めないということが挙げられます。実際に手を動かすのはほとんどの場合には、協力会社というところがほとんどです。時には簡単なツールを自分で作るようにと任されることもありますが、プログラミングのスキルを高めたいと思っているのであれば、社内SEはあまりオススメしない職種だと言えるでしょう。

またとにかくトラブルが起きた時に、なんでもかんでもそれを解決してくれるというようなイメージを持たれていることが多いという点も、多く挙げられている悩みとなっています。いわゆる何でも屋さん的な扱われ方に不満や悩みというものを抱いている方が多いのです。特に企業規模が中小企業であるような場合には、こういった扱われ方をされることが多いんですよね。社内SEの場合には、総務や庶務業務なんてものがメインになってしまい、自分が思い描いていた業務を任されず、まったく違う業務を任されてしまうことがメインになり、失望してしまうというケースが多く挙げられているのですよ。

エンジニアならなんでもできるという先入観は、意外と多くの人間が持っているものです。ITのことであれば、なんでも把握していて、なんでも解決してくれる。とにかく自分が分からないことが起きれば、とにかく社内SEに振っておけば、なんとかしてくれるはずなんてことを思ってしまっている企業が多いのです。

社内SEとは一口で言っても、自分が求めている社内SEの理想像と、実際に採用側が求めている社内SE像は、違っていることが多いのです。社内のITシステムをプログラミングして構築していればいいというわけではなく、経営的な部分を大きくになって欲しいと考えている企業は非常に多いのです。自分が作ったITシステムによって、会社の経営が左右されるというような実感をしっかりと持ち、経営課題というものを常に探し、それを解決するような姿勢を持っていないと、社内SEには向いていないと言えるでしょう。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.