社内SEの20代の転職

社内SEの20代の転職

20代のエンジニアというのは、まだまだ知識やスキル、経験というものが浅い段階にあります。しかしながら、エンジニアという職業が一体どのような仕事をし、どんな種類があって、その先にどんなキャリアパスを形成することが出来るのかを気づける年代でもあるのです。つまりは、やり直しがいくらでも聞く年代だとも言えるのですよ。ここでは20代の社内SE求人について紹介をしていきましょう。

一般的に20代後半から、30代前半に掛けての転職がエンジニアでは、もっとも盛んな転職市場になっているとされています。早ければ20代の中盤からでも、プロジェクトマネージャーに抜擢されるということも、しばしばだとされています。特に20代での社内SEへの転職を目指している場合には、Slerからの転職を目指している方が非常に多く見られているのです。

IT関連の企業で様々な仕事をこなしてきた人間の中では、現在の職場環境に対して、閉塞感や限界というものを感じている方の中では、社内SEへの転職を考えている方が多いものなのです。気分をリフレッシュしたいという理由で、20代のエンジニアが転職支援サービスサイトなどを利用して社内SEの転職を目指す方が多いのですよ。残業などの労働環境の過酷さが、他のエンジニア職と社内エンジニアではまったく違っているのです。

他にも20代のうちからエンジニアが転職を繰り返すのには、理由というものがあります。それは、エンジニア35歳限界説というものです。35歳を越えると極端にその求人が減少してしまうということから、とにかく自分が腰を据えられるような場所を、20代のうちから探してみるという気持ちが強いからなのです。社内SEの給与を見てみると、平均で540万円前後だと言われています。それに比べ、一般的なIT職のプログラマなどであれば、400万円前後の年収になりますから、社内SEの方が優遇されているということになるんですね。

様々なIT関連の職種を目指し入職したはいいものの、将来性に疑問を感じることになる。業界に飛び込んでみて、初めて自分の置かれている環境よりも社内SEという職種の優遇さを感じることになる。ならば、20代の中盤から後半あたりから、社内SEとしてのキャリアパスを形成して行こうと思うのは当然のことではないでしょうか。転職支援サービスサイトを利用して、積極的に社内SEへの転職活動をしているエンジニアの方は大勢にいらっしゃいますから、その波に乗って積極的に転職活動を行なっていきましょう。20代であれば、社内SEの仕事は豊富に用意されていますからね。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.