社内SE求人ガイド

社内SEの30代の転職

社内SEへの転職を希望されている方は、ある程度業界で経験なんてものを積み、30代を迎えて転職をするというパターンが多いものです。社内SEへの転職希望がここまで増えているのは、職場環境であったり、心理面での充実感というものを求めて転職を希望するパターンがほとんどです。

社内SEに限らず、転職を目指すには、なるべく早い段階で行うことが成功率は高いといえます。20代前半ならば、未経験の人間であっても、それぞれの企業が設けている研修制度などで、みっちりと教育してもらえますから、キャリアを十分に構築させていくことができるでしょう。ただあまりに早い段階で転職希望をすると、長続きしないのではと思われることもあり、将来への展望などをしっかりと持っていたり、その企業へのこだわりなどという部分が採用される要素になってくるでしょう。

社内SEの場合には、非常に広範囲のスキルや業務経験が考慮されるのが通常です。ですから、即戦力が欲しいという企業の場合であれば、30代や40代の年代の方であっても、求人募集の数が多いということが言われています。こういった背景もあり、社内SEがエンジニアの中で、非常に人気のある職種であることの理由でもあります。

一般的に30代の社内SEの給与の平均は、540万円と言われています。残業もある程度あり、月額では3万円程度ですから、それを含めた金額の相場が540万円という金額です。基本給でいうと、500万円前後というのが、30代の社内SEの給与水準の平均と言えるでしょう。当然に経験やスキルは考慮されるものの、概ねこういったところです。ちなみにシステムエンジニアの年収としては、ちょうど真ん中くらいの給与水準になります。600万円以上の年収を望むのであれば、システム開発やネットワーク設計、さらにはコンサルタントなどの職業に就かないと、なかなかに難しいと言えるでしょう。

30代からの社内SEでの転職を目指す際に、気になるのは、求人数というところではないでしょうか。求人数というのも、業種によって全く違っているものですから、しっかりと覚えておきましょう。一番社内SEの需要が高いのは、金融業界です。銀行を始めとして、証券会社や投資会社などはITの効率化を日々に図っていることが多いですから、当然に人員確保をしたいというところがあるのです。また外資系の企業であれば、最初は上記の給与水準からスタートというところもありますが、 スキルアップとともに、給与がどんどん上がっていくという特徴がありますよ。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.