社内SEの50代の転職

社内SEの50代の転職

社内SEの仕事を始めとして、エンジニアという職種は、年齢の若い人間が中心であり、企業側も若い人材を欲しているというイメージが強いのではないでしょうか。よくコンテンツなどを覗いてみると、エンジニアの転職寿命は35歳が限界などということが書かれていますよね。35歳を越えると社内SEとして転職を目指すのは難しいのか。50代でも社内SEの求人が存在するのかを紹介していきましょう。

エンジニアの仕事は、プログラミンのスキルや知識というもの、パソコン周辺やネットワークなどの専門的な知識やスキルを有していれば、問題なく仕事をこなしていくことが出来ると言われています。しかしながら、それは大間違い。残業が基本的に毎日というような所もありますし、休日出勤も当たり前というような、体育会系とも言えるべき体力勝負的な要素がとても大きなものなのですよ。こういった点から、やはり年齢が50代ともなると敬遠される傾向があるのです。

また50代のエンジニアともなると、新しい技術の進歩などを吸収していく姿勢や頭の柔らかさなどに限界というものを感じることにもなるのです。どうしてもCOBOLというものや汎用機系の知識しか知らず、オープン系の新しい知識やスキルを吸収することが出来ない。よってエンジニアではなく管理職などに転職をするというケースが多いのです。エンジニアとしての転職となると、50代からの転職は、確かに厳しい状況であると言わざるを得ませんね。

しかし、50代からでもエンジニアとして転職を目指しているのであれば、転職するチャンは存在しているのです。それが社内SEという職種です。社内SEの求人を実際に覗いてみると、40代や50代の高年齢のエンジニアに対して高いニーズがあると言えるのです。過去の経験というものを十分に発揮して仕事をすることが出来るのです。近年では、若いエンジニアを雇用しても、離職率が高いことが問題になっていますからね。

社内エンジニアは、クライアントのシステムの情報を把握出来るわけですから、なるべく離職率は高くない方が良いというのは当然でしょう。契約の時点で機密情報の漏洩に関することはうるさく言われているでしょうが、出来ることならば、離職をしないような人材が好ましいのです。ですから、離職率が低い高い年齢のエンジニアを欲していることが多いのです。社内SEという職種であれば、一般的なエンジニア職では、お話にもならないとされている50代という年齢でも十分に転職を実現させることが可能なのです。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.