社内SE求人ガイド

社内SEの転職時の注意点

社内SEとは、勤務する企業や事業所の内部システムを取扱うITエンジニアのことで、今まで外部に委託していた社内のシステム管理・サービス・フォローなどを内製化しようとする動きの高まりから業界を問わず企業における社内SEのニーズは増えています。また業界経験者やエンジニアにとっても「自分の作ったシステム評価を直接感じることができる」「勤務時間や勤務先が一定であることで自己管理しやすい」「特定業界における専門知識やスキルを身につけることができる」などの魅力から、社内SEの求人には人気があり、業界経験者のキャリアチェンジとしても注目を集めています。

人気の職種である上、企業がIT投資に積極的になると社内SEは売り手市場となって転職しやすい傾向にありますが、イメージ先行で安易に転職に踏み切るのはキャリアアップ以上にキャリアダウンさせるリスクが高まります。転職してしまってから「こんなはずじゃなかった…」「スキルや経験を活かせない…」といった転職先とのミスマッチに陥らないためにも、応募する企業が求める人材、業務内容、業界動向などをしっかりリサーチし理解した上で転職活動を進めることが大切です。

 例えば、一口に社内SEと言っても企業規模や企業の情報システムに対する方針などによって社内SEは大きく3つに分けることができます。ひとつは広く浸透しているもので、企業内の情報システム部署で社内システムの開発・運用・保守などを行う社内SEです。中小企業に多いのが企業内にITの専門部署を持たずに存在する社内SEで、多くの場合総務や管理部署に属し、一人か少数で社内のシステム管理に働く社内SEです。そして企業の情報システム事業が大きい場合には、システム部門を子会社として設立し、そこで働く社内SEもあります。  また社内SEの役割には、社内の業務フローを分析やシステム化の要件をまとめる「システムアナリスト」、社内アプリケーションやネットワーク障害の問い合わせ対応を行う「ヘルプデスク」、サーバーの構築を行う「ネットワーク・インフラ担当」、その他にも「CIO」「システム企画」「アプリケーション担当」などがあり、企業が募集する社内SEに求められるこうした役割が種々変わってくるため、転職前の事前リサーチは必須です。

 さらに2014年のWindowsXPサポートの終了を見越したOSの移行、クラウドを活用したインフラ対応など情報ツールの市場動向にも目を向け、少し先を読んだ動きをすることが肝要です。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.