社内SE求人ガイド

社内SEの公務員の求人

公的機関においてのシステム部門で、公務員として人材募集をしているところを、転職先として目指す方もいらっしゃるでしょう。いわゆる社内SEのような感じで、公務員として採用される転職先は存在しているのか?ということは、気になるところではないでしょうか。

一般的な公務員募集のSEとなると、メジャーどころでいえば、防衛省などの技官であったり、事務官というところの求人案件ではないでしょうか。こういったところでは、やはりSEの技術者を必要としているケースが多く、毎年のように求人案件が多く登場しているものです。

他にも社内SEでの公務員と言えるかどうかはわかりませんが、独立行政法人などでも求人はさまざまにかかっているケースが多く見られます。地方公務員などでも、募集案件は見られますが、務める就業先のシステムを1から構築するといったような大きなプロジェクトを任されるといったような、大きな仕事を任されるといったケースは少なく、外注が構築したシステムの運用や保守などがメインになってきたり、ITの何でも屋さん的な扱いになることが多いと言えるでしょう。

しかしながら、公務員ともなれば、やはりそれぞれに公務員試験を受け、それにパスをしなければ、公務員としての待遇を受けることはできません。それぞれの地方などによって、採用される基準というものは違ってきますから、ホームページなどでチェックしておくことは、確実にしておくべきことでしょう。所有資格などについても、国家公務員としての転職を目指すのか、地方公務員での転職を目指すのかでも、まったく違ってきますし、各地方によっても全く変わってくると言えるでしょう。これも当然に各都道府県などのホームページをチェックするか、転職支援サービスサイトに登録をし、キャリアコンサルタントなどから、情報収集をするなりしておくべきでしょうね。

また公務員として社内SEとして転職を目指すのであれば、気をつけて欲しいことがあります。それはなるべく早めに公務員を目指すべきであるということです。どうしてこういったことを言うかといえば、一般的な企業などに比べて、年齢制限があり、それが厳しいということがあるからです。一般的な企業でも、現在では40代でもスキルがあれば、採用されるケースはありますし、キャリアによっては、待遇面も上がり、優遇されつつ転職をすることが可能です。

しかしながら公務員の場合には、40代での転職は、はっきりいって厳しい状況ですから、決めたら早めに転職活動を行うことが転職成功のコツと言えるのですよ。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.