社内SE求人ガイド

新卒の社内SEの転職

社内SEとは、勤務する企業や事業所の内部情報システムを取扱うITエンジニアのことで、今まで外部に委託していた社内のシステム管理・開発・運用・保守などを内製化しようとする動きの高まりから、社内SEのニーズは業界業種を問わず多くの企業において増えています。今はネットワークやシステムといったITが企業に導入され始めた初期段階とは異なり、企業が社内にIT部門や社内システム系の業務を一元化して管理する専門部署を設け、その部署・部門で働く社内SEを育成し、独自のシステム開発やメンテナンスサービスを行うのが主流となってきています。

またメールによるコミュニケーションをはじめ、ネットワークを介した業務フローの一元化、企業間における電子商取引B to B、企業と一般消費者との取引に展開したB to C、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用を抜きに業務が進みにくくなった昨今、重要性、存在意義を増しているのが企業内の情報システム部門で活躍する社内SEのポジションなのです。

そんな社内SEは業界経験者をはじめ新卒者からも注目を集める人気の職種です。しかしながら社内SEは情報システムに関する専門知識やスキルを求められると同時に、社内の多くの人や年齢層と関わる高いコミュニケーション力、環境に溶け込むことのできる協調性や柔軟性、企業に働く一員としての主体的なビジネスマインドや自己成長意欲、長時間に及ぶ緻密な作業に対峙する忍耐力など、ある程度職務経験を持った人にも完璧は難しい多彩な能力を必要とするポジションです。そのため、新卒で社内SEの世界に飛び込んだものの職場や仕事が合わない…、イメージ先行で思っていた仕事と違う…など壁にぶつかる人もいるでしょう。

勤続年数にもよりますが新卒で社内SEになりその後転職を考えた場合、職務経験が比較的浅いため、中途採用で人材を求める企業ニーズの即戦力にマッチしない部分は危惧されますが、市場動向を読み、賢く転職できればキャリアアップにつながるチャンスが拓けるでしょう。特に近年の社内SEの求人動向においては、若手の現場担当者を求めるニーズが高く、シニアクラスの求人は充足した感があります。社内情報システムを自身で作業できるスタッフレベルの求人が多く見られるため、新卒で社内SEとなったエンジニアにもチャンスはあるでしょう。市場動向・業界情報・自分のITスキルを改めて精査し、確実で効率的な転職を目指すことが大切です。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.