社内SE求人ガイド

社内SEの面接

面接は就・転職の際に避けては通ることができない重要なプロセスです。そのため、すぐに緊張してしまう人や、人前で自己表現が得意でない人にとっては強く苦手意識を持つものでもあります。しかしながら就・転職の採用合否は80〜90%が面接で決まると言われています。希望職の採用を勝ち取るには、限られた面接の場で自分の人間性をはじめ、社内SEとしての能力や資質、企業の事業プロジェクトに対する貢献性、などをどれだけ相手に知ってもらうことができるかがポイントになります。面接で緊張したり、上手く自分を表現できないことは誰にでもあることではありますが、十分な事前準備とイメージトレーニングを積んでおけば、本番で納得の面接を得られることでしょう。そのためにもしっかりと面接対策をし、本番に臨むことが大切です。

どの面接においても正解や答えはないのですが、特に面接採否のポイントになるのは人材を探している雇用主と仕事を探す応募者が同じ方向性を持って事業や仕事に取り組むことができるか、協力し一緒に働く仲間になれるかどうかという点に尽きます。そして社内SEというポジションの場合、色々な人とコミュニケーションを取りチームでワークすることも多いため、環境に溶け込むことのできる協調性や柔軟性、企業に働く一員として主体的なビジネスマインドや自己成長意欲などもチェックされるポイントです。また専門的なスキルを要する職種であると同時に、長時間パソコンに向かう仕事を強いられるため、基本的にインターネットやパソコンを使った作業が好きかどうかといったことが問われることもあるようです。 面接では質問のやり取りや話題の展開、抽象的な問い、何気ない質問を投げかけの中で応募者の理解度や判断力を評価し、自己表現からその人の人間性・性格・仕事の適正などを引き出して人物評価していきます。

 面接で自分を自分らしく表現し内定を獲得するためには、応募する企業と自分自身について徹底的に調べ上げて深く理解し、自分の言葉で意見や説明ができるまで毎日訓練することが大切です。企業についてはHP、WEBサイト、新聞や雑誌などきるだけ多くのツールを使って情報を収集し応募先に詳しくなっておきましょう。また面接は独特の緊張感漂う空気があるため、志望動機はもちろん、職務経歴、自分の強み、自己PRなどは一度きちんと整理し、論理立ててまとめておくと良いでしょう。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.