社内SE求人ガイド

社内SEの志望動機

志望動機は就・転職をする際に履歴書に書かなければならないのはもちろん、面接の際にほぼ100%聞かれる質問です。就・転職を希望する理由は人それぞれありますが、仕事に応募してくる人にどんな理由があるにしても、その人を採用したら雇用者は毎月お給料を支払う責任があるため、応募者の働く意思表示となる志望動機を明確に把握しておく必要があるのです。

頭を悩ませることが多い志望動機ではありますが、志望動機に正解も不正解もありません。採用につながる志望動機の一番のポイントは、人材を探している雇用主と仕事を探す応募者が同じ方向性を持って事業や仕事に取り組むことができるか、協力し一緒に働く仲間になれるかどうかという点に尽きます。そのポイントをおさえながら「なぜ○○会社で働きたいのか」「自分を採用すればこんなメリットがある」「スキルや経験からこんなプロジェクトに貢献ができる」「将来的にはこうゆうこうに取り組みたい」といったことを論理立てて組み立て、相手に伝えることができれば採用獲得の道は開けるはずです。

社内SEを目指すIT系のエンジニアの場合、高く特化した領域の技術を持つ職人的・スペシャリスト性が強く、システム開発自体に興味はあるものの応募先となる業界や企業に関心がない…、知らない…という人も少なくないようです。しかしながら社内SEとは勤務する企業の内部システムを取扱うITエンジニアであり、従来SIerやITベンダーに発注していたことを社内で完結できるよう組織化したものです。つまり社内SEにとって企業はクライアントになるわけです。そのため、 社内SE職を希望する場合にはシステム開発に関わる高度で専門的な知識もさることながら、システムの仕様や運用においては業界・業務知識も大変重要になります。詳細については今後の課題とするとしても、業界の特徴や自分なりの興味関心事項は考えておく必要があります。

 志望動機を考える時には、応募する企業・業界に関するあらゆる情報を収集し、「なぜそこで働きたいのか」をよく突き詰めて考えてみると良いでしょう。志望動機が頭の中で曖昧な状態になってしまっている人にとって、志望動機を論理立てて明確にしていくことは決して簡単なことではありませんが、落ち着いて時間をかけ、自分の気持ちと向き合ってみましょう。自分の心と対話を持つことで自分の将来へ向けたビジョン、今後のキャリアプラン、理想とするライフスタイルを考えるよいきっかけにもなります。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.