社内SE求人ガイド

社内SEの職務経歴書

職務経歴書は学業や職業の経歴など自分の状況を記した書類で、仕事に応募する際には必ず必要とされる書類です。職務経歴書は求職者の応募選考資料として使われる他、学歴・職歴・資格の有無などによって給与や役職を査定する証明書ともなります。職務経歴書は「自分がどんな資質を持った人物であるか」「これまでにSEとしてどんな仕事をしてきたか」「SEとしてその企業にどうゆう貢献ができるのか」などを示す書類となるため、作成は就・転職活動の大切なプロセスとしてしっかり取り組むことが大切です。採用する側は職務経歴書に書かれてある経歴などの内容だけでなく、正しい言葉の使い方や丁寧さ、写真の張り方や捺印の仕方など、書類の書き方・扱い方から基本素養を見ています。社内SEを目指す場合のポイントをおさえて、選考に強い職務経歴書作成を目指しましょう。

社内SEを目指す場合、職務経歴書には自分がこれまで培ってきた経験や持っているスキルによってどんなことが実現できるのかを、具体的に分かりやすく、シンプルにまとめることが大切です。多くの場合、経歴をアピールしようと携わったこと全てを長々と羅列列記してしまいがちですが、それではセールスポイントがぼやけてしまいます。応募する企業の求人ニーズを研究・把握し、数多いる他の応募者との差別化や自分の付加価値が強調されるような表現を工夫します。

 例えば経験業務に関してはこれまで携わってきた仕事を定量化し、どうゆう業務をどれだけの期間内にどのように改善したなど、具体的かつ仕事を数字に表して見える化します。作成したシステムを導入することでコストが○○%削減した、ヘルプデスクでクライアントを○台担当していた、など具体的な数字を用いることで仕事の規模が分かりやすくなります。  また扱うことができる環境や言語はSEとしてのスキル評価になるため、取り扱い経験のある機器や製品名を記載することも忘れてはなりません。チーム規模、自分のポジション、リーダー経験、他社との調整有無なども書き加えるとより良いでしょう。

 職務経歴書の作成は転職成功率を上げるひとつの大切なファクターです。IT業界に精通しエンジニアを専門に転職支援サービスを展開している「インテリジェンスのDODAエンジニア」「リーベル」「ワークポート」などでは、希望の求人を紹介してくれるだけでなく転職に強い職務経歴書の書き方や面接対策も行っています。書類作成が苦手な人、転職ビギナー、仕事が忙しくて転職活動ができないエンジニアでも丁寧なフォローアップで自分の理想に限りなく近く、満足度の高い転職を叶えてくれるため転職希望者必見です!

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.