社内SE求人ガイド

第二新卒の社内SEの転職

社内SEの第二新卒の転職事情は、どういった特徴が見られるのでしょうか。社内SEの第二新卒の転職パターンとしては、IT業界において、とりあえずエンジニアとしてのキャリアをスタートさせる。とりあえずと言ったのは、IT業界の職種というのは幅広く、大企業になればなるほどに、仕事が細分化されているからなんです。正直業界に入るまで、どんなことをこういったようにやりたいというような、明確なキャリアプランを描いていて就職をするといったケースは、非常に稀なことが多いのです。

やりたい職種が明確でないままに業界に入り、とりあえず実績を積んでいこうと仕事をしていく中で、自分のやりたいことが見つかる。徐々にではあるものの業界の中に入り、自分のキャリアというものがはっきりとしてくる。そこで転職を決めるというケースがほとんどなんですね。

働いていく中で、先にIT業界で活躍している先輩などから、社内SEの魅力について聞かされる。また現場において、実際に社内SEが活躍している姿をみて、自分もやりたいなという風に思う。こういったパターンで社内SEに第二新卒扱いになっても転職したいというエンジニアは増えている状況なのです。

とはいうものの、第二新卒となると、業界でのキャリアはまだ浅く、さらには前述にあるように違う畑からの転職になるために、社内SEという職業に就くためには、何が必要であるのか、どういったことが求められるのかというのが、把握できていないという現状があるわけです。こういった第二新卒のエンジニアが社内SEになるために転職活動をする場合には、専門の転職支援サイトを利用するのが、一番賢い転職活動と言えるでしょう。

社内SEという職種は、他のエンジニアとは違い、特徴というものをある程度に把握しておかないと、転職活動が失敗する可能性が高く、下手をすると求人にすら巡り会えないということが起こり得るのです。社内SEの求人はほとんどの場合が、欠員補充というパターンになります。また事業拡大における新規人材募集という形ですね。後者の場合にはあまり多くなく、実際には何かしらの事情で、各企業が抱えている社内SEが退職をし、その人材を補充するためですから、個人レベルの転職活動よりも、各企業に太いパイプを持ち、紹介実績などがあって信頼関係を築いている人材派遣会社や転職支援サービスサイトに登録し、紹介をしてもらうというやり方の方が、転職をしやすいというのは言うまでもないのです。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.