ユーザー系の社内se求人

ユーザー系の社内se求人

社内SEと一言で言っても、大きくわけて、メーカー系とユーザー系、独立系とにわけですことができます。社内SEを語る上で欠かすことが出来ないものといえば、システムインテグレーターの存在です。求人ではSIやSlerなんて表現をされていることが多いと思います。このシステムインテグレーターのほとんどが独立系に振り分けることが出来るのです。このSIの中でも中小企業のSIというのは、直接顧客というものとはやり取りをすることがなく、メーカー系やユーザー系から仕事を回してもらうという状況にあるのです。

さてこの3種類の社内SEの違いを簡単に説明しておきましょう。まずメーカー系とは、キャノンや富士通、IBMや三菱といったようなコンピューター関連の製品を作っている企業やその関連会社ということになります。ユーザー系とは、鉄道会社、電力会社、銀行などの金融関係、保険会社、食品製造を行なっている会社などです。基本的に、親会社が100パーセント出資の完全子会社ということになります。

システムの改善などを望んでいる企業のシステム部と元請けの企業から大手のSIへ仕事が発注され、中小のSIがその仕事やその仕事の一部を受ける。さらにそこから派遣会社などへと仕事が回るというケースがほとんどなのです。元請けから、子請け、孫請け、ひ孫請けという具合で仕事が流れてくるため、賃金などに関しては正直いって安いということは言うまでもありません。このため独立系のSIから社内SEへの転職を希望しているエンジニアが非常に多いのです。

特にユーザー系のSEへの転職希望が多く、現在ではかなり競争率が高く鳴っている傾向が見られています。ユーザー系の社内SEのクライアントは、社内の社員になりますし、社内のシステムの保守というものがメインになってきますから、賃金が安く、納期に追われ、過酷な労働条件の下で働く独立系のSIの仕事には縁遠い職種といえるのです。社内SEとSlerは簡単に言ってみると仕事の内容はほぼ同じです。違っているのは仕事を行うクライアントが違うというだけなのです。

ユーザー折衝の経験が豊富であり、業務そのものの知識に関して幅広い情報を有している人間こそが、ユーザー系の社内SEとしては重宝される人材だと言われています。ここら辺の違いというものをしっかりと把握しておかないと、同じ仕事をしているのに、クライアントが違うだけで、労働環境も給与も違ってくるということです。転職支援サービスサイトに登録をすれば、より詳しい情報を把握することが出来ますよ。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.