社内SE求人ガイド

銀行の社内SE求人

銀行・証券会社・投資会社など金融業会は最も効率化が求められる業界と言われており、社内SEの求人数・ニーズが一番多いのも銀行系です。リーマンショック以降、低迷し落ち込みが激しかった金融業界ではありますが、徐々に採用状況は回復傾向が見られ、中でもIT系エンジニアの人材ニーズが高まっていると言われています。

 しかしながら、もともと銀行などの金融業界は他の業種からの転職が難しく、経験やバックグラウンドに乏しい未経験者にとっては厳しい世界です。銀行の社内SEにおいても同様で、必要とされるスキルが細かく細分化されているため、銀行で社内SEの経験があるからといって容易に転職できるものではないようです。大きく例えるならば、銀行の社内SEであっても証券会社の社内SEに転職することは簡単ではないということです。

銀行の社内SE職を得るには「ITスキル」「業務知識」「英語力」がキーになります。スキル面では@インフラ系のSEか、アプリケーション担当のSEか Aオープン系・WEB系か、メインフレームか B使用経験のあるOS・ミドルウェア・プログラミング言語は何か C経験のあるフェーズは何か、といった面が問われ、加えて金融業界(銀行・証券・保険・投資顧問など)における経験業種や、どういった銀行システムの経験があるか、といった業務知識もポイントになります。また銀行の場合には、海外系のシステム担当や将来的な海外拠点への異動も視野に入れると、英語力は必要とされるスキルであり語学ができる方が有利になることもあります。

 メールによるコミュニケーションをはじめ、ネットワークを介した業務フローの一元化、企業間における電子商取引B to B、企業と一般消費者との取引に展開したB to C、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用を抜きに業務が進みにくいのが昨今のビジネスです。そしてそれらを管理・開発・運用・保守しビジネスを支えているのが社内SEという職種です。  銀行の社内SE職は前述したように厳しい面もありますが、銀行の社内SEを希望する場合には、IT業界に精通しエンジニアを専門に転職支援サービスを展開している「インテリジェンスのDODAエンジニア」「リーベル」「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」「メイテックネクスト」などのサイトを賢く活用して理想の職場を見つけましょう!転職マーケットがタイトな業界でも大手からニッチまで自分にぴったりの優良求人を紹介してくれます。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.