社内SE求人ガイド

外資系の社内SE求人

年収のアップや待遇面でのアップというものが、転職の大きなポイントになっていることは言うまでもありませんが、転職先を選択するときに重視する点は社内SEの場合には、ちょっと違っています。他の職種の場合であれば、やはり前述に挙げたようなメリットが一番に来るところですが、エンジニアの場合には、優れたエンジニアと一緒に働くことができるという理由が圧倒的に多いものなのです。

その他の理由でも、経営者明確なビジョンであったり、その企業の方針が明確化されていること。自社における製品開発力や、技術力。フレックスや住宅勤務制度の充実。大規模案件に関わることができるなどが挙げられます。こういった転職理由を加味していくと、その条件を叶えることが転職先は外資系の社内SEが条件が最も整えていると言えるでしょう。

外資系といっても、それぞれに業種は存在します。年収的な面から比較をしてみると、OSや製品開発、研究・解析というものを主な業務としている企業では、外資系企業であれば540万円前後。国内の大手企業では500万円。全体な平均としては、470万円とされています。エンジニア系アプリであれば、外資系では530万円前後。国内大手では500万円前後となっています。ネットワーク系では外資が580万円前後。国内大手では550万円。コンサルタント系が一番高く、外資では600万円前後であり、国内では560万円前後となっています。

こういった年収の面から見ても、外形企業の方がエンジニアへの待遇というものがよく、転職を成功させることができれば、満足できる転職を実現させることができると言えるでしょう。ただし待遇が言い分だけ求められるスキルや知識というものは、非常に重要視される部分でもあります。

年収面でクローズアップをしてきたわけですが、冒頭にもあるように転職理由で圧倒的に多いのは、優秀なエンジニアと共に働くことができるという点なのです。こういった目的で転職をした場合には、年収ダウンというものも、当然にあるわけです。年収ダウンになる転職であれば、当然に慎重になるのは当然のことなのですが、いつまでも転職時期を遅らせてしまうと、自分が不利な立場に立たされてしまうことになるのです。

基本的に転職する側が売り手市場の立場に立てるのは、33歳までと言われているのです。34歳以上になれば、当然に管理職に採用される時期ですから、役員面接の比重が強くなり、スキルや技術面ややる気などよりも、人間性や社風に合うかなどを重視されるために不利になることが多いということを覚えておきましょう。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.