社内SE求人ガイド

大手企業の社内SE求人

社内SEといっても、その役割や仕事なんてものは非常に広範囲にわたっていて、一概に社内SEというひとまとめにしてもいいのか?というくらいに多くの業務が存在します。各企業においてのポジションなんてものも本当にさまざまになるでしょう。簡単にあげてみても、SIerやソフトウエア開発会社と一緒にシステム構築をしたり、運用や企画をしていくという仕事を任される社内情報システム部門。また自社サイトのシステム開発を行っていく業務を任されるネット系企業でのエンジニア。インターネットでのマーケティング業務の全般を担当するSEOやSEM業務や、サイト運用を任されるエンジニアなどさまざまなんです。

そのひとつの転職先として大手企業の社内SEがありますが、やはりメリットといえば、その待遇面でしょうね。やはり給与面などの収入においては、他の業種の社内SEと比較しても、圧倒的に高待遇を受けることができるでしょう。

大手企業の社内SEの特徴としては、人数が多いということもあり、専門性というものを高く求められることになるわけです。他業種での社内SEの場合であれば、ある程度に広範囲を任されるケースがほとんどでしょう。システム開発だけでなく、既存システムを再構築したり、マーケティングの戦略も任されることもあるでしょう。

しかしながら大手の企業であれば、当然に部署も細かく存在し、それぞれに特化したスキルや知識を有することが必須になってきます。存在している技術や知識は習得していて当たり前であり、その先に専門分野での新しい発想などが必要となってくるために、まさにプロフェッショナル中のプロフェッショナルを求められたり、常に特定の分野での向上心というものが必要とされる職種になってくると言えるでしょう。

大手の社内SEの場合には、プロジェクトの中心になるという立場になるまでは、相当な苦労は必要になると言えるでしょう。要は自分の頑張り次第ですが、なかなかになることは難しいでしょう。大手企業に比べ、社内SEとしてのやりがいや、存在価値というものを実感できやすいのは、中規模な企業の方があると言われています。しかしながら、中小規模の社内SEの場合、やはり専門性には乏しく、広範囲でのマルチな知識やスキルが必要なのである一方、自分が興味のないようなジャンルの知識まで習得しなければならないというようなデメリットもあります。要は将来的に、専門的でその道のプロと呼ばれるようなエンジニアを目指すのであれば、大手企業での社内SEはオススメ出来る転職先だといえるのです。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.