社内SE求人ガイド

物流業界の社内SE求人

社内SEの人気が高まっている中、その中でも注目をされているのは物流系企業における社内SEという存在です。最近に日本全体で景気がよくなってきた傾向から、各企業において、余裕が出てきている傾向があり、投資にも力が入り始めてきているというのが現在の状況です。

この投資の一環として、社内のITへの投資というものも拡大している傾向があり、外注でのIT化よりも、自社内にSEを抱え、独自のシステム開発や構築、さらには運用なんてものを展開していこうとしている企業が増加しているのが、社内SEが現在大きな需要があるひとつの理由でもあるのです。

そもそも社内SEとはなんなのでしょうか。その名前からもわかる通り、雇われた企業の内部でシステムを開発するITエンジニアのことですよね。同じように思われているシステムインテグレーター、いわゆるSIerと比較すると、非常に分かりやすいとは思いますが、SIerの場合には、顧客企業のために開発をし、開発をしたものを成果物として発注先へと納品するという仕事になります。社内SEの場合には、一般的に企業のシステム部門などに所属をし、開発はもちろんのこと、運用・管理なども任されることがほとんどなのです。

物流系の企業というのは、他業種がIT化に関心を持つずっと前から、POSシステムやCRMなどを積極的に取り入れ、IT化というものを進めてきた業界でもあります。近年ではICタグなどを用いたトレーサビリティなどにも積極的に取り組むようになっているという現状があります。個人情報の反故などの面からも、安全性を重視するというような最新の技術と応用力が必要になってくる業界でもあるのです。

つまりは物流における社内SEには、相当のSEとしての知識やスキルを有しているのはもちろん、時代の流れや最新の技術。またユーザの要求などに敏感な人材というものが必要とされている業界であるといえるのです。当然に物流企業の社内SEになれば、高いスキルが身につくというのは簡単に想像できることでしょう。

また物流業界でまだまだIT化が進んでいない企業に向けてのコンサルティングを生業にしている企業も増えており、派遣的な要因として、自社のシステムと一緒にシステムエンジニアを常駐させるというサービスを行っているような企業も増えてきています。この場合には指導力やコミュニケーション能力が必要になってきますから、こういった部分のスキルもしっかりと磨いておくと、物流業界での転職には有利に働くことになるでしょう。

社内SE求人サイト・ランキング!人気NO.1はココだ!

ワークポート
利用料金 無料
対応エリア 全国
運営企業 株式会社ワークポート
公式サイト 詳細

※当サイトでは社内SEの転職で知名度の高いワークポートが1位継続中です。
※IT系求人の保有数が多いマイナビエージェントも人気です。
※社内SEの求人サイトの最新ランキングはコチラでチェックしてください。






▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 社内SE求人ガイド All Rights Reserved.